• お知らせ
  • トピックス
  • スタッフブログ

お知らせ

会報を10月号からリニューアルいたしましたが、いかがでしたでしょうか。
多摩らいふ倶楽部会員の皆さまにとって、これからも素敵な楽しい倶楽部になるように、事務局一同がんばって参ります。

さて、皆さまお待ちかねの10月号プレゼントの当選者が決定いたしました。
当選者の方、おめでとうございます。

一番人気は、長谷部園芸さんの「みずほ育ちのシクラメン大鉢」でした。これからの季節、窓辺にシクラメンの花が似合いますね。
そして、青木屋さんの栗まつり、存在感のある大きなひとぶつ栗が入っているおまんじゅうも人気でした。
その他もたくさんの応募がありました。ありがとうございました。
当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

次回、来年1月号のプレゼント企画もどうぞご期待ください。

平素は格別のお引立てを賜り厚くお礼申し上げます。
この度、多摩らいふ倶楽部のサービスの内容が一部変更になりましたのでお知らせ致します。
              
               記

●変更内容:「多摩らいふ倶楽部JCBカード」新規入会申込受付の停止

●停止期間:平成29年11月1日(水)より

※現在、多摩らいふ倶楽部JCBカードをお持ちの会員さまは引き続きご利用いただけます。
 何かご不明な点がございましたら事務局までお問い合わせください。
                            
                                       以上
                            


多摩カレッジでは、毎年11月に作品展を開催しています。
今年も絵画・書道・手工芸など、受講生の力作を約200点展示します。

 

●日時:平成29年11月10日(金)~14日(火)10:00~16:00

●会場:多摩カレッジ国立教室(JR中央線国立駅南口徒歩1分、たましん国立支店4階)

※入場無料


また、作品展開催に合わせ、優秀作品の表彰式および発表会を開催します。
表彰式には多摩カレッジ名誉学長の嵐山光三郎先生にお越しいただき、受賞作品の講評をいただきます。
発表会では「懐かしき昭和の名曲を歌う」「朗読をはじめよう」「楽しく歌って健康!」の
3講座の有志が日頃の練習の成果を披露します。

  

●日時:平成29年11月10日(金)13:00~15:30

●会場:国立せきやビル7階 ESOLAホール(国立市中1-9-30/JR中央線国立駅南口徒歩3分)

※入場無料

ぜひお気軽にお立ち寄りください。
みなさまのご来場をお待ちしています。

広報たまちいき11月号の発行です

投稿日:2017年11月01日



11月号の表紙は、日の出町平井界隈です。

平井川の北側には、草花丘陵にある里山を活用した面積約97ヘクタールの公園「野鳥の森・こども自然公園」や、東光院の境内山頂に位置し多摩地区を広く見渡せる妙見山にある宮殿「妙見宮」があります。
平井川の両岸にはたくさんの歴史的建造物や文化財が残されており、なかでも、平井のお祭りで披露される「下平井の鳳凰の舞」は他に類を見ない舞として国の重要無形民俗文化財に指定されています。
広報たまちいきを片手に散策されてみてはいかがでしょうか。

2面の「学びたい」では多摩地域が東京ブランドの高級畜産品「トウキョウX」や「東京しゃも」、「東京うこっけい」などの発信地であることを紹介しているほか、学園祭や多摩モノレール車両基地の一般公開などの情報を掲載しています。5面の「楽しみたい」では多摩地域で行われる産業まつりについて、6面の「安心したい」では、火災が増える冬に向けて、立川防災館の「煙体験室」について紹介しています。

多摩らいふ倶楽部のイベント・セミナーは、12月実施のものを4面に掲載しています。
表紙の地図「多摩歩き」に連動した日の出町平井の散策や、『多摩のあゆみ』と連動した人気講座「多摩のみほとけを知る」、NTT技術史料館の見学、プロの料理人から学ぶクリスマス料理教室、フォレスト・イン昭和館で行うしめ飾り作り、介護保険に関するセミナーなどを企画しました。

スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしています。

※多摩らいふ倶楽部のイベントはこちら

多摩信用金庫のホームページより設置場所の確認ができます。
また、E-Bookにより実際に紙面を読むこともできます。
是非ご活用ください。

※多摩信用金庫   「広報たまちいき」のページはこちら

広報たまちいき10月号の発行です

投稿日:2017年10月01日


10月号の表紙は、昭島市東中神駅界隈です。
再開発のため新しく生まれ変わりつつある東中神駅周辺の街歩きスポットを紹介しています。

1961年の夏、市域の多摩川の160万年前の地層から全長16mにも及ぶくじらの化石が発見され「アキシマクジラ」と命名されたことから、昭島市内はくじらをシンボルにしたもので溢れており、東中神駅前の商店街は「くじらロード」の名前が付けられています。駅の東には市民図書館や国営昭和記念公園などがあり、駅南側のカフェや食事処も掲載しています。秋晴れの気持ちのいい日にぜひ散策してみてはいかがでしょうか。

2面の「学びたい」では秋の学園祭シーズンに合わせ、多摩地域の大学が運営する美術館や博物館などを紹介しています。6面の「安心したい」では2015年から「健幸まちづくり」を掲げ、健幸都市実現に向けた施策を推進している多摩市について掲載しています。そのほか、多摩地域で行われる様々なイベントをご案内しています。

多摩らいふ倶楽部のイベント・セミナーは、11月実施のものを4面に掲載しています。
表紙の地図「多摩歩き」に連動した国営昭和記念公園の散策や、立川市内での柿狩り、『多摩のあゆみ』と連動した府中市の古墳を巡る講座、フォレスト・イン昭和館で行うクリスマスツリー作り&特別ランチ、お菓子教室、介護保険に関するセミナーなどを企画しました。

スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしています。

※多摩らいふ倶楽部のイベントはこちら

多摩信用金庫のホームページより設置場所の確認ができます。
また、E-Bookにより実際に紙面を読むこともできます。
是非ご活用ください。

※多摩信用金庫   「広報たまちいき」のページはこちら

広報たまちいき9月号の発行です

投稿日:2017年09月01日



9月号の表紙は、檜原村、檜原村役場界隈です。
檜原村役場まではJR五日市線武蔵五日市駅よりバスで約20分です。

東京都で唯一「日本の滝百選」に選ばれている払沢の滝をはじめ、檜原村には秋川に流れ込む沢に多くの滝がかかっています。滝巡りの他、檜原城跡や口留番所などの史跡巡りを楽しめます。また、食事や休憩に立ち寄りたい美味しそうなお店も沢山掲載しています。広報たまちいきを片手に、ぜひ足を運んでみてください。

2面「学びたい」のコーナーでは、9月1日に市制100年を迎えた八王子市について掲載しています。また、11月に実施される「多摩・武蔵野検定」についてもご案内しています。また、6面「安心したい」のコーナーでは9月の防災月間にちなんで、東京消防庁の立川防災館を紹介。館内には地震、煙、消火、応急救護の各体験施設と防災ミニシアターがあり、年に10万人を超す人たちが訪れているそうです。

多摩らいふ倶楽部のイベント・セミナーは、10月実施のものを4面に掲載しています。
表紙の地図「多摩歩き」に連動した企画で、檜原村の上元郷・本宿集落の散策&こんにゃく作り体験イベントや、小金井市内でのキウイフルーツ狩り、『多摩のあゆみ』と連動した国立市の文化財を巡る講座、フォレスト・イン昭和館で行う紅茶のテイスティングセミナー、メイク講座、介護保険に関するセミナーなどを企画しました。

スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしています。

※多摩らいふ倶楽部のイベントはこちら

多摩信用金庫のホームページより設置場所の確認ができます。
また、E-Bookにより実際に紙面を読むこともできます。
是非ご活用ください。

※多摩信用金庫   「広報たまちいき」のページはこちら



多摩カレッジは多摩らいふ倶楽部が企画する大人のカルチャースクールです。
嵐山光三郎氏を名誉学長にお迎えし、書道、絵画、歴史散策など、一流講師が親切、丁寧に指導します。

10月期は新設講座4講座を含む64の講座をご用意しました。

開講に先立ち、一部の講座では8・9月に1講座1,000円(別途材料費のかかる講座有り)で
お試しいただける体験講座を実施します。
詳しくは多摩らいふ倶楽部事務局までお問い合わせください。

また、各講座の見学、体験については随時受付しておりますので、
ご興味ある方はぜひお問い合わせください(要予約)。

尚、10月期のお申込みは8月9日(水)9時より先着順にお電話にて受付します。

また、受講には多摩らいふ倶楽部への入会が必要となりますので予めご了承ください。

皆さまのお申込みをお待ちしています。

※多摩カレッジ各講座の詳細はこちらをご覧ください。



8月号の表紙は、国分寺市西国分寺駅・国分寺駅界隈です。

JR中央線西国分寺駅南口から国分寺駅南口にかけておすすめの散策スポットを紹介しています。西国分寺駅から徒歩約7分、緑豊かな都立武蔵国分寺公園に隣接する都立多摩図書館はスケールアップして今年の1月に立川市から移転してきました。さらに南側には四季折々の散策路として人気のお鷹の道、環境省選定名水百選のひとつである真姿の池湧水群があり、国分寺駅近くには国分寺崖線の南側斜面を利用し、湧水と植生を巧みに生かした回遊式林泉庭園、都立殿ヶ谷戸庭園があります。
休憩に立ち寄りたいカフェも掲載しています。ぜひ足を運んでみてください。

紙面では、前号に引き続き「楽しもう 多摩の祭り」と題して、多摩地域で8月に開催されるお祭りの情報を掲載しています。また、「安心したい」のコーナーでは5月に八王子市に誕生した「まちなか交流・活動拠点kikki+(キッキプラス)」を紹介。他にも日野市内で開催の「日野市民でつくる防災・減災シンポジウム」や、八王子市内で行われる「オトパin南大沢2017」などをご案内しています。

多摩らいふ倶楽部のイベント・セミナーは、9月実施のものを4面に掲載しています。
表紙の地図「多摩歩き」に連動した企画で国分寺市のお鷹の道や都立殿ヶ谷戸庭園などを巡る散策や、稲城市内での梨狩り、コカ・コーラボトラーズジャパン多摩工場の見学、『多摩のあゆみ』と連動した人気講座「多摩のみほとけを知る」のほか、フォレスト・イン昭和館の趣味講座、漢方、介護保険に関するセミナーなどを企画しました。

スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしています。

※多摩らいふ倶楽部のイベントはこちら

多摩信用金庫のホームページより設置場所の確認ができます。
また、E-Bookにより実際に紙面を読むこともできます。
是非ご活用ください。

※多摩信用金庫   「広報たまちいき」のページはこちら

広報たまちいき7月号の発行です

投稿日:2017年07月01日



7月号の表紙は、町田市成瀬駅界隈です。

JR横浜線成瀬駅の北口方面には、かしの木山自然公園や成瀬尾根、成瀬山吹緑地、成瀬城跡や堂之坂公苑など、歴史と自然を満喫できる散策スポットが多数あります。映画のロケ地にもなった成瀬山吹緑地(しあわせの丘)へのぼると、町田市街地の向こうに丹沢、奥多摩、奥武蔵、秩父山系のパノラマが広がり、お天気の良い日には富士山や南アルプスを眺めることができます。「菓匠 華月」さんでは町田市の名産品を販売、お土産選びも楽しめそうです。
広報たまちいきを片手に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

紙面では、「多摩の祭りを思いっきり楽しもう!」と題して特集を組み、多摩地域でこの夏開催されるお祭りや花火大会の情報を掲載しています。また、「安心したい」のコーナーでは立川市内で行われるすこやかセミナー「夏が旬の野菜たち」や、三鷹市内で開催の講演会「がんと共にすこやかに生きる」などをご案内しています。

多摩らいふ倶楽部のイベント・セミナーは、8月実施のものを3面に掲載しています。
表紙の地図「多摩歩き」に連動した企画で町田市の成瀬尾根やしあわせの丘を巡る散策や、小金井市で行うブルーベリー狩り、立川在宅ケアクリニックの井尾和雄先生による講演会、『多摩のあゆみ』と連動した人気講座「多摩のみほとけを知る」のほか、鍼灸師による火を使わないお灸の使い方とセルフマッサージを体験する講座などを企画しました。

スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしています。

※多摩らいふ倶楽部のイベントはこちら

多摩信用金庫のホームページより設置場所の確認ができます。
また、E-Bookにより実際に紙面を読むこともできます。
是非ご活用ください。

※多摩信用金庫   「広報たまちいき」のページはこちら



6月号の表紙は、羽村市羽村駅界隈です。

JR青梅線羽村駅の東口方面には神明神社や五ノ神社、五ノ神社の隣接地にはかたつむりの形状をした下り通路の井戸「まいまいず井戸」があります。まいまいず井戸は東京都史跡に指定されています。また、西口方面には稲荷神社や宗禅寺、禅林寺など古社寺が立ち並びます。玉川上水沿いの羽村橋のケヤキは樹齢400~600年ともいわれ、東京都の天然記念物に指定されています。広報たまちいきを片手にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

紙面では、「そうだったのか多摩」のコーナーで多摩地域の病院数について掲載しているほか、日野市で行われる創業スクールや三鷹市で開催されるシニアの就職面接会などをご案内しています。また、「安心したい」では中高生を対象に無料の塾を八王子市内6か所で開くNPO法人八王子つばめ塾の取り組みを紹介しています。

多摩らいふ倶楽部のイベント・セミナーは、7月実施のものを4面に掲載しています。
表紙の地図に連動した企画で羽村市の宗禅寺や玉川上水痕跡を巡る歴史散策や、サントリーのビール工場見学、子供も参加可能(年齢制限あり)な森永乳業の工場見学、『多摩のあゆみ』と連動した講座のほか、フォレスト・イン昭和館の趣味講座、介護保険に関するセミナーなどを企画しました。

スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしています。

※多摩らいふ倶楽部のイベントはこちら

多摩信用金庫のホームページより設置場所の確認ができます。
また、E-Bookにより実際に紙面を読むこともできます。
是非ご活用ください。

※多摩信用金庫   「広報たまちいき」のページはこちら

PageTop