• お知らせ
  • トピックス
  • スタッフブログ

お知らせ

「多摩らいふ倶楽部JCBカード」は2018年12月15日(土)をもってカードの発行を終了いたします。

以後、「多摩らいふ倶楽部JCBカード」は「JCBゴールド(JCB ORIGINAL SERIES)」「JCBグランデ」「JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)」へお切り替えとなります。尚、切り替え後のカードは、2019年1月7日(月)以降、JCBより順次お手もとにお届けとなります。

現在「多摩らいふ倶楽部JCBカード」をお持ちの会員さまには、株式会社ジェーシービーより11月初旬に、お切り替えに伴う変更点などのご案内をお送りしていますので、ご一読いただきますようよろしくお願い申し上げます。

ご利用の皆さまにはご迷惑とご不便をおかけいたしますが、何卒ご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

                                       多摩らいふ倶楽部事務局


広報たまちいき11月号の発行です

投稿日:2018年11月01日


11月号表紙の「多摩歩き」は青梅市です。JR青梅線青梅駅界隈の散策マップをイラストで紹介しています。豊かな自然がたくさん残る青梅市ですが、昭和レトロな町並みが楽しめる観光スポットとしても知られています。青梅駅構内や町中には昭和の映画看板が多数飾られ、昔ながらのお店も多く立ち並びます。また、青梅は「猫町」としても知られており、駅からすぐの細い路地「昭和の猫町にゃにゃまがり」は足元や壁、はしごの上にまで猫のオブジェが飾られており、散歩におすすめです。そのほかマップには「青梅レトロスポット」が多数描かれていますので、ぜひご覧の上、足を運んでみてはいかがでしょうか。

2・3面ではじっくりひたりたい秋の博物館特集のほか、多摩地域のおすすめスポット&イベントを掲載しています。4面「たまめぐり」では多摩の絶景おすすめスポットを、「たまびいき」では市民活動グループ「おうめ若者カフェ」代表の堀山夏歩さんを、5面では大学や病院の公開講座やビジネスに関するセミナーを紹介しています。

多摩らいふ倶楽部のイベント・セミナーは、12月実施のものを6面に掲載しています。『多摩のあゆみ』と連動した人気シリーズ「多摩のみほとけを知る」(青梅市)や、多摩森林科学園での野鳥観察(八王子)、歴史古街道研究家宮田太郎氏による歴史散策(町田市)、薬膳料理教室(国立市)、和風の正月しめ飾り作り(昭島市)、介護保険に関するセミナー(府中市)などを企画しました。

スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしています。

※多摩らいふ倶楽部のイベントはこちら

多摩信用金庫のホームページより設置場所の確認ができます。
また、E-Bookにより実際に紙面を読むこともできます。
是非ご活用ください。

※多摩信用金庫   「広報たまちいき」のページはこちら

広報たまちいき10月号の発行です。

投稿日:2018年10月01日


10月号表紙の「多摩歩き」は瑞穂町と武蔵村山市です。JR八高線箱根ヶ崎駅から村山温泉かたくりの湯界隈の散策マップをイラストで紹介しています。箱根ヶ崎駅の東口から約20分歩くと瑞穂町郷土資料館「けやき館」があり、瑞穂町の自然や歴史を学べます。隣接する社会教育施設「耕心館」の母屋は江戸時代末期の築造で、館内には美しい庭園を望められる喫茶もあり、ゆっくりとくつろげます。村山温泉かたくりの湯は地下1,500mより汲み上げた天然温泉で、3月にリニューアルオープンしました。食事のみの利用も可能で、施設内のレストランでは、地元食材を活用したメニューがいただけます。

今月多摩らいふ倶楽部会員の皆さまに発送している「たまら・び」101号も瑞穂町と武蔵村山市を特集していますのでぜひ合わせてご覧ください。

2面では秋の行楽シーズンに大人も楽しめる公園を特集、3面では多摩地域のおすすめスポットやイベントを紹介しています。4面では10年前に品川区から立川市に移転した国文学研究資料館の取材記事を、5面では大学や病院の公開講座やビジネスに関するセミナーを紹介しています。

多摩らいふ倶楽部のイベント・セミナーは、11月実施のものを6面に掲載しています。収穫の秋特集として完熟甘柿狩り(立川市)・原木しいたけ狩り(青梅市)・3種のじゃがいも掘り(稲城市)・鹿野大仏拝観とみかん狩り(日の出町)をご用意しました。また、クリスマス先どりイベントとしてクリスマスキャンドルリース作り(昭島市)とクリスマス料理教室(国立市)を、その他、地元ガイドと歩く古社寺巡り(町田市)や七生丘陵・南平丘陵公園ハイキング(日野市)、発酵料理を学ぶ講座などを企画しました。

スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしています。

※多摩らいふ倶楽部のイベントはこちら

多摩信用金庫のホームページより設置場所の確認ができます。
また、E-Bookにより実際に紙面を読むこともできます。
是非ご活用ください。

※多摩信用金庫   「広報たまちいき」のページはこちら

広報たまちいき9月号の発行です

投稿日:2018年09月01日


9月号表紙の「多摩歩き」は府中市です。西武多摩川線多磨駅から京王線多磨霊園駅界隈の散策マップをイラストで紹介しています。多磨駅から北西方面に進むと東京都立多磨霊園があります。多磨霊園は日本初の公園墓地で、雑木林や桜並木などがあり、緑が多く、面積は都立霊園最大の128ヘクタール、東京ドーム27個分に相当します。長谷川町子(漫画家)や岡本太郎(画家)など著名人の墓地が多数所在します。また、多磨駅は東京外国語大学の最寄り駅であり、駅の周辺には飲食店が充実しています。夏の暑さがひと段落した頃に、ぶらり散策みてはいかがでしょうか。

9月1日は防災の日。防災月間に合わせて2面では災害時には防災ラジオになるコミュニティラジオFM局を特集しています。4面では48歳で銀行を退職し63歳で医師国家試験に合格、現在は在宅療養支援診療所「さつきクリニック」(国分寺市)の院長を務める髙橋聰氏さんを取材した記事を掲載しています。その他に3面では多摩地域のおすすめスポット&イベントを、5面では大学や病院の公開講座やビジネスに関するセミナーを紹介しています。

多摩らいふ倶楽部のイベント・セミナーは、10月実施のものを6面に掲載しています。町田・境川源流でアザミや野菊などを探すハイキング(町田市)や、東京農工大学で「科学博物館」やキャンパス散歩を楽しむイベント(小金井市)、ホットマンの工場見学(青梅市)、口腔機能の維持と健康寿命の延伸をテーマにしたセミナー(立川市)、フォレスト・イン昭和館の趣味講座「ボタニカルジェルキャンドル作り」(昭島市)、薬膳の基本を学ぶ講座(国立市)、リピーター続出の介護保険セミナー(府中市)などを企画しました。また、多摩カレッジ10月期受講生募集のご案内も掲載しています。ぜひご覧ください。

スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしています。

※多摩らいふ倶楽部のイベントはこちら

多摩信用金庫のホームページより設置場所の確認ができます。
また、E-Bookにより実際に紙面を読むこともできます。
是非ご活用ください。

※多摩信用金庫   「広報たまちいき」のページはこちら

広報たまちいき8月号の発行です

投稿日:2018年08月01日



8月号表紙の「多摩歩き」は立川市です。JR立川駅南口界隈の散策マップをイラストで紹介しています。多摩都市モノレールに沿って南方へ進むと多摩川の手前で根川緑道にぶつかります。根川緑道沿いには親水階段のある池や水辺にはり出した四阿(あずまや)や子供たちが安心して遊べる水の広場などが作られ、散策や水生動植物の観察に絶好の場となっています。立川駅の周辺には飲食店が充実しており、様々なジャンルのグルメが楽しめます。散策後の食事や休憩タイムにぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

2・3面では多摩地域のプラネタリウム特集の他、真っ盛りの夏を楽しむためのおすすめスポット&イベントを紹介しています。4面では不登校の小中学生を対象に音楽で復学・進学を支援するフリースクール「ポコ・ア・ポコ」(昭島市)を、同面「たまめぐり」では国立周辺の観光関連情報を掲載しています。5面ではたましん国立支店6階のたましん歴史・美術館で開催中の企画展「おばけ美術館」をご案内しています。多摩らいふ倶楽部会員は会員証提示で2名様まで無料でご入館いただけます。ぜひご活用ください。

多摩らいふ倶楽部のイベント・セミナーは、9月実施のものを6面に掲載しています。五日市・秋川渓谷のハイキング(あきる野市)や、『多摩のあゆみ』と連動した人気の講座「多摩のみほとけを知る」(八王子市)、フレンチシェフによる料理教室(西東京市)、フォレスト・イン昭和館の趣味講座「アフタヌーンティーの世界へようこそ」、簡単セルフヘッドマッサージ講座(国立市)、介護保険セミナー(府中市)などを企画しました。
また、多摩カレッジの秋の体験講座のご案内も掲載しています。

スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしています。

※多摩らいふ倶楽部のイベントはこちら

多摩信用金庫のホームページより設置場所の確認ができます。
また、E-Bookにより実際に紙面を読むこともできます。
是非ご活用ください。

※多摩信用金庫   「広報たまちいき」のページはこちら

広報たまちいき7月号の発行です

投稿日:2018年07月01日


7月号表紙の「多摩歩き」は多摩市です。多摩センター駅~唐木田駅界隈の散策マップをイラストで紹介しています。多摩センター駅からパルテノン大通りを進んでいくと大きな池と芝生の広場が魅力の多摩中央公園があり、さらに進むと宝野公園、奈良原公園など、緑豊かな公園が点在しています。遊歩道も多数整備されていますので、ぜひこの機会に散策されてみてはいかがでしょうか。これから日差し、暑さが厳しくなってきますので帽子と水分補給用の飲み物を忘れずにおでかけください。

2・3面では暑い季節を満喫するための多摩地域のおすすめスポットとして子どもと行きたい7つのイベントや、夏まつり情報などを掲載しています。4面「たまめぐり」では多摩市と京王電鉄などによる“橋”を新たな観光資源にする取り組みについてご紹介。5面ではたましん地域文化財団発行の『多摩のあゆみ』から多摩ニュータウンと鉄道について、また、たましん歴史・美術館企画展「おばけ美術館」をご案内しています。

多摩らいふ倶楽部のイベント・セミナーは、8月実施のものを6面に掲載しています。国分寺市と共催の宮田太郎氏による歴史講演会(国分寺市)や、多摩の野鳥観察「鳩ノ巣渓谷から数馬峡でオオルリを探す」(奥多摩町)、『多摩のあゆみ』と連動した人気の講座「多摩のみほとけを知る」(福生市)、サントリーのビール工場見学(府中市)、ハーブを使った苔玉作り(国立市)、トールペイント(国立市)、漢方講座(府中市)などを企画しました。

スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしています。

※多摩らいふ倶楽部のイベントはこちら

多摩信用金庫のホームページより設置場所の確認ができます。
また、E-Bookにより実際に紙面を読むこともできます。
是非ご活用ください。

※多摩信用金庫   「広報たまちいき」のページはこちら

広報たまちいき6月号の発行です

投稿日:2018年06月01日


広報たまちいきは6月号から全面リニューアルいたしました。ロゴを始めデザインを一新し、好評の1面イラストマップも拡大しています。また、多摩地域の観光関連トピックスを紹介する「たまめぐり」や、多摩地域への強い想いを持ち活躍する人を紹介する「たまびいき」も新設しました。これからも多摩地域の魅力や旬をお伝えしていきますのでご活用ください。

6月号表紙のイラストマップ「多摩歩き」は西武池袋線ひばりヶ丘駅界隈です。駅周辺には日本料理店や洋食レストラン、ハンバーガーショップに珈琲店など様々なグルメスポットがあります。また駅から南の方へ少し歩くと谷戸せせらぎ公園や西東京いこいの森公園、西東京市郷土資料室などの散策スポットがあります。ぜひこの機会にお出かけください。

また、4面の「たまびいき」では広報たまちいき創刊準備号からイラストマップを担当しているイラストレーターのもんでんゆうこさんを紹介しています。合わせてご覧ください。

その他に、2・3面では梅雨の時期こそ楽しみたい多摩地域のおすすめスポットや子どもと一緒に楽しむイベントを掲載、5面ではたましん地域文化財団発行の『多摩のあゆみ』最新号について紹介しています。

多摩らいふ倶楽部のイベント・セミナーは、7月実施のものを6面に掲載しています(※6月号から掲載場所が変わりました)。檜原村ふるさとの森と北秋川のハイキング(檜原村)や、地元ガイドと歩く吉野の里の古社寺めぐり(青梅市)、『多摩のあゆみ』と連動した屋外講座で片倉城址公園での夏の花探し、磯沼牧場で牧場体験&ピザ作り(八王子市)、七味唐辛子に着目した薬膳のセミナー(国立市)、フォレスト・イン昭和館の趣味講座「簡単!かごバッグチャームづくり」(昭島市)などを企画しました。

スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしています。

※多摩らいふ倶楽部のイベントはこちら

多摩信用金庫のホームページより設置場所の確認ができます。
また、E-Bookにより実際に紙面を読むこともできます。
是非ご活用ください。

※多摩信用金庫   「広報たまちいき」のページはこちら

平素より多摩らいふ倶楽部のホームページをご利用いただきありがとうございます。

ホームページ内「イベント情報」から各イベントにお申し込みをされる際、メールアドレスの入力をいただいておりますが、現在、「@i.softbank.jp」のメールアドレスからのお申し込みが受付できない状況になっております。

原因を調査中ですが、復旧するまで「@i.softbank.jp」のメールアドレスをご利用の方はお電話でお申し込みいただきますようよろしくお願いいたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。


多摩らいふ倶楽部事務局
042-526-7777
9:00-16:00(土日祝祭日を除く)


広報たまちいき5月号の発行です

投稿日:2018年05月01日



5月号の表紙の写真は奥多摩町です。イラストマップ「多摩歩き」はJR青梅線奥多摩駅界隈のおすすめ散策スポットを紹介しています。

奥多摩駅は青梅線の終着駅で、東京都内のJRの駅でいちばん標高の高い場所に建ち、東京最西端の駅としても知られています。その外観は山小屋風のデザインで関東の駅百選に選定されたこともあります。駅の南側、氷川大橋の手前にある奥氷川神社は武蔵三氷川のひとつで、境内にある氷川三本杉は東京都天然記念物に指定されています。また、奥多摩駅前から奥多摩湖まで全長約10kmの「奥多摩むかし道」は白髭神社や縁結びの地蔵尊、吊り橋や古民家など、奥多摩の「むかし」が詰まった道で、人気のトレッキングコースとなっています。

2・3面の「楽しみたい」では多摩地域のおでかけイベントを多数掲載。5面の「働きたい」では都内最大級の総合型ものづくりサポート施設「Tschool」(立川市)を取材しているほか、シニア層を対象にした就活セミナー(稲城市)を紹介しています。6面の「安心したい」ではたましん主催の医師による無料相談会や高齢者に多いめまいやふらつき、難聴などの悩みについて専門家が話す講演会(三鷹市)などをご案内しています。

多摩らいふ倶楽部のイベント・セミナーは、6月実施のものを4面に掲載しています。
1面「多摩歩き」との連動企画、奥多摩湖・麦山の浮橋と湖畔の小道ハイキング(奥多摩町)や、青梅生まれのタオル「Hotman」の本社および工場見学(青梅市)、『多摩のあゆみ』と連動した屋外講座で高幡不動尊金剛寺のアジサイ鑑賞、ガラス細工体験(武蔵野市)、深大寺水神苑で日本酒と旬の料理を愉しむ会(調布市)、タッセルとコットンパールのロングネックレス作り(昭島市)などを企画しました。

スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしています。

※多摩らいふ倶楽部のイベントはこちら

多摩信用金庫のホームページより設置場所の確認ができます。
また、E-Bookにより実際に紙面を読むこともできます。
是非ご活用ください。

※多摩信用金庫   「広報たまちいき」のページはこちら

広報たまちいき4月号の発行です

投稿日:2018年04月01日


4月号の表紙「多摩歩き」は羽村市と瑞穂町です。JR青梅線羽村駅からJR八高線箱根ヶ崎駅界隈のおすすめ散策スポットをご紹介しています。今月多摩らいふ倶楽部会員の皆さまに発送している「たまら・び」99号も羽村市を特集していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

2面の「学びたい」ではJR中央線など多摩の通勤・通学動脈である交通機関のダイヤについて、3面の「働きたい」では青梅市の古民家をレンタルカフェとして活用している「cafeころん」を紹介しています。5面の「楽しみたい」では春の花めぐりを特集。1面に写真が掲載されている羽村市の「根がらみ前水田チューリップ畑」の鑑賞を含むツアーのほか、多摩地域で行われるさまざまなイベントなどを紹介しています。

多摩らいふ倶楽部のイベント・セミナーは、5月実施のものを4面に掲載しています。
1面「多摩歩き」との連動企画、羽村草花丘陵自然公園と多摩川河川敷のハイキング(羽村市)や、ハーブ摘みとハーブを使った特別ランチを楽しむイベント(西東京市)、古街道研究家宮田太郎講師による国分寺の歴史講座&散策(国分寺市)、『多摩のあゆみ』と連動した八王子市の文化財巡り、初夏のクレッセントリース作り(昭島市)、介護保険に関するセミナー(府中市)などを企画しました。

スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしています。

※多摩らいふ倶楽部のイベントはこちら

多摩信用金庫のホームページより設置場所の確認ができます。
また、E-Bookにより実際に紙面を読むこともできます。
是非ご活用ください。

※多摩信用金庫   「広報たまちいき」のページはこちら

PageTop